Greedy BLOG

欲しがりな大学生が、気に入ったモノやコトを想うがままに紹介するブログ。

私のパソコン



 

最近、念願のMacBookProを買いました!!

今回はそれについて書きたいと思います。。。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 大学に入ってからパソコンが学校から貸し出されましたが、全然スペックに満足できず。しょっちゅうフリーズするし、これでCADとか無理でしょって思ってます。

ちなみに、そのパソコンは・・・

 

Lenovo ThinkPad

たしか、cpuはIntel core i3(デュアルコア)

メモリ4gb

HDD 500GB

画面のサイズ 11型くらい

 

です。ThinkPadって聞くとどうもIBMを想像してしまいますが、今はLenovoに買収されてしまって、すっかりthinkpadはLenovoのブランドです。

 

自分の中では、thinkpadはパナソニックのLet's noteに匹敵するくらい丈夫なブランドとしてのイメージだったのですが、IBMからlenovoに変わってから、ちゃっちくて、安価なパソコンになってしまいました。なんか残念です。

でも、thinkpad独自のキーボード上にある赤い丸いやつは使いやすいです!!思えばそれしかないな。

 

んで、このパソコンがありえないくらい重いと。。。

ストレス溜まりまくりです。

 

前からmacがほしいと思っていたので、思い切って買うことに。

 

とりあえず、スペックから。

 

MacBookPro 13-inch (Mid 2014)

  • retina displayモデル
  • MacOS X Yosemite
  • プロセッサ Intel Core i5 (2.6GHz)
  • メモリ 16GB 1600MHz DDR3
  • グラフィックス Intel Iris 1536MB
  • ストレージ SSD 120GB

 

 

ざっとこんな感じです。

通常モデルを頼んでも良かったのですが、あえてカスタマイズモデルにしました。

 

構成ポイントを紹介します。

 

①retina displayはすごい。

今、MacBook Proを買うなら、平行して売ってる普通のディスプレイの旧モデルもありますが、そこはちょっとお金を出して絶対retina displayモデルを買ったほうがいいと思います。 なにより、Macのよさはここにあると言っても過言ではないかと。

僕がairではなくproを選んだ理由はこれにあります(次期MacBookAirはretina displeyを搭載するという噂がありますが・・・)

 

画面の綺麗さはピカイチなのですが、一つだけ欠点をあげるとしたら・・・

インターネットをブラウズしている時かと。。。

なにしろ、retinaに対応していないサイトはいっぱいあるわけで、そのサイトを見るときのがっかり感が半端ないです。普通のディスプレイだったら、普通に表示されているものが、retinaだと汚さが目立つというか・・・なんというか・・・・

がっかりです。

 

②CPUは標準モデルのcore i5で。

 

買うときに金銭的な迷いがあったのです。それは、標準モデルに2万足せば・・・

 

SSDの容量アップ!!

or

core i5のクロック数アップ!!

or

メモリを8GB→16GBに

 

この3つのことのどれか一つができるのです。

金銭的にあと2万円くらいしか出せなかったので、正直迷いました。

 

ここは、ネットで調べるしかないです。

個人的には、SSDの容量不足は外付けでなんとかなると思っていたので、これは選択肢から外しました。

cpuですが、クロック数を少し上げた程度では、体感速度はそんなに早く感じない、てかあんまり変わんない

ということがあるそうです。カスタマイズするとどんどん欲が出てしまいがちですが、ちょっとしか変わんないなら、別に必要ないかと。

 

ということで、CPUは据え置きにしました。

 

③メモリは奮発して16GBに。

 

メモリを増やすことにもネット上では賛否両論が。

そもそも、大抵のことをするには8GBあれば十二分らしいのです。16GBとかにするのはもう自己満足の領域だという人も。でもそれは、windowsの話かもしれません。もちろんOSが違えばメモリ消費量も違うわけで。

 

でもあるサイトで見たことによると、

mac osx yosemiteではメモリはあればあるだけ使ってしまうとのこと。だから、メモリが少なかろうが多かろうが、結構ギリギリまで使ってしまうそう。もちろん多ければその分、他の処理に当てられるので、 多いに越したことはないそうです。

 

ので、2万円はメモリ増設に当てることにしました。(メモリはあとから増設することは原則的にはできないので)

 

結局買って使ってみた感想は、

普通に使っている分、(iTunesを開いて、chromeでブラウズを30分程度してると)これでメモリは8GBくらい食っています。ということは、16GBにして大正解であったということです。

メモリは余裕を持って積んだほうが良いと思います!!

 

 

 

まとめ。

本当にmac買ってよかったと思っています。今のところストレスは一度も感じてません。

これからも使い倒して行きたいです。