Greedy BLOG

欲しがりな大学生が、気に入ったモノやコトを想うがままに紹介するブログ。

macで画面分割・画面寄せをショートカットでするなら「shiftit」で



 

windowsにあってmacにないもの

その一つに、キーボードショートカットでのウィンドウ寄せがあります。

macのretinaディスプレイの高解像度を活かして、作業領域を広く効率的に使いたいものです。

 

もともとwindowsにはついてなかった機能ですが、たしかwindows7から実装された機能で馴染みの人も多いはず。

僕も、macに移行した時、無意識にやってしまいそうになりましたがもちろんできず。

 

 

youtubeで画面寄せのアプリを紹介していた人がいましたが、なんと1000円くらいする。

画面を寄せるだけの単純なアプリに1000円も払えるかっ、と。その人は、このアプリくらいしかこれをできるのはない、的なことを言ってましたが。。。。

 

調べましたよ。

 

ありました。無料で。

 

 

スポンサードリンク

 

 

それが「shift it」というフリーソフト。

 

Downloads - shiftit - Manage windows in Mac OS X - Google Project Hosting

↑ここからダウンロード。

ShiftIt_10_6_v1_2.zip ってやつをダウンロードしましょう。

 

ダウンロード、インストールが済んだら、

よし、起動!!

、、、したいのですが、そのままではできません。

 

ちょっと、設定を変えます。

 

「システム環境設定」から「セキュリティーとプライバシー」をクリック。

「プライバシー」タブから「アクセシビリティ」を選択。

 

下のアプリケーションにコンピュータの制御を許可の「shift it」にチェックを入れます。

できなかったら、左下、鍵を外してから。

f:id:yottyanful:20150204103638j:plain

そうすると上画面のようになります。

 

これで、やっと起動ができます。

 

 

このソフトでできることは以下の通り。

 

キーボードショートカットを用いてウィンドウを・・・

 

  • 左上・右上・左下・右下寄せ
  • 上・下・左・右寄せ
  • 最大表示
  • 中央寄せ

 

これだけできれば十分ですね。

 

何はともあれ、1000円のアプリを買わずに済んで良かったです。