Greedy BLOG

欲しがりな大学生が、気に入ったモノやコトを想うがままに紹介するブログ。

amazonでの買い物はEdyで払うと便利



 

amazonで買い物をするときはみなさんはどのように代金を払いますか?

王道はクレジットカードですが、学生やクレジットカード情報を入力したくないって人は、コンビニ払いだと思います。

コンビニ払いってホント便利で、コレがなければAmazonは使っていなかったと思います。

 

コンビニ払いはその手軽さから、ずっと使っていたのですが

唯一の欠点は、

コンビニまで払いに行くのがめんどくさく、支払い確認も遅いということです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 できることなら、家に居ながらにして、支払い確認が早いほうがいいですよね。

 

そこで、Edyの出番です。

 

そもそも、Edyとは??という人がいるかも知れないので、簡単に説明しておくと・・・

 

お金をチャージして使う電子マネーです。そう、suicaみたいな。

Edyには、カード型と、おサイフケータイ型があり、Amazonの支払いに使えるのは後者の方です。

 

また、おサイフケータイはandroidスマートフォンにしかない機能なので、iphoneの方はできません。すいません。

 

つまりまとめると、androidスマートフォンについてるおサイフケータイ機能でEdyを使って、Amazonで決済できるよ、ということです。

しかも、この方法だと決済確認はかなり早いです。その分早く商品が着きます。

 

あと、Edyを使って買い物をすると、200円につき1ポイント(1円分)がつきます。

普段現金をつかってコンビニで払うと、ポイントは絶対つかないので、

お得だと思います。

そして、Edyは電子マネーなので、Amazonだけではなく、もちろんコンビニなどでも使えます。

前もってチャージをしておかなくてはいけないのですが、結構便利なので多めにチャージをしておいてもいいかもしれません。

 

EdyのAmazonでの使い方は、

決済方法を、「コンビニ、電子マネー払い」にして、

送られてくるお支払い番号のメールから、

決済方法を選択てきなURLがあるので、それをひらいて、

下の方にある、Edyのアイコンを選択。

メールアドレスを入れるところがあるので、入力して

そこ宛に来るメールのURLをandroidの標準ブラウザで開きます。

開くと代金が出てくると思うので、支払うを選択して、しばらく待ちます。

 

支払いが完了すると、お支払い完了メールがさっき入力したメールアドレス宛に来るので、これで終わりです。

 

 

便利なので、みなさんもEdyを使ってみてはどうでしょうか。