Greedy BLOG

欲しがりな大学生が、気に入ったモノやコトを想うがままに紹介するブログ。

Amazon、「全品送料無料」をやめるってよ



 

ついに、この時が来てしまいました。

 

Amazonといえば送料無料、というくらいにあたりまえでしたが、Amazon.co.jpが「全品送料無料」を終了するみたいです。

 

 

でもあれですね、Amazon.co.jpのトップページを見ても、おおっぴらには書いてないですねえ。なんかコソコソしているような感じがして、好きじゃないです。

 

Amazon.co.jp ヘルプ: 配送料について

 

Amazonヘルプの奥深く、「配送・プライム」→「配送料・配送時間」→「配送料について」と辿って行くと、やっと見ることが出来ます。

 

今までは、どの商品でもAmazonが発送するものならなんでも、どんなに安いものでも送料無料でしたが、

これからは、注文金額が2,000円未満の場合において配送料がかかります。

 

ちなみに、配送料は350円です。

 

安いものだけを頼むことができなくなってしまうのは、残念です。

 

 

ただ、Amazonなりにも「アメとムチ」を用意しているつもりらしく・・・

スポンサードリンク

 

 

ムチ

 

先ほど書いたように、注文金額合計が2,000円未満だと送料350円がかかる。

 

アメ

 

①Amazon.co.jpが発送する書籍、Amazonギフト券に関しては、今までどおり送料はかからない。無料。

 

②あわせ買い対象商品の購入可能基準が、2,500円から2,000円になった。

つまり、買いやすくなった(基準がゆるくなった)。

 

③Amazonプライム会員なら、今までどおり全品送料無料。←ココ重要

 

Amazonは結局、何がしたいのか。。。

 

送料無料だから、Amazonを使っているっていう人はたくさんいます。これが無料じゃないとなると、Amazonではなく他のネット通販で買い物をするかもしれません。

 

こうでもして、全品送料無料をやめるっていうのは、たぶんアメの③に関係があるのではないかと。

 

Amazonプライム会員になれば今まで通り送料はかからないのです。だから、みんなAmazonプライム会員になって!!ということでしょうね。

 

Amazonプライム会員は年単位の会費なので、Amazonの安定した収入になります。

 

会員じゃない人は、送料払って

の方が、トータルでは儲かるんでしょうね。

 

書籍が今までどおり送料無料なのは、本は基本メール便でポスト投函だからだと思います。メール便は、ふつうの宅急便に比べて送料安いですし。

 

まあ、僕はプライム会員なので

今まで通り送料無料で、なんら問題はないのですが

不満に思う人はたくさんいるでしょうね。

 

 

文房具や事務用品は、びっくりするかもしれませんがyodobashi.comも品揃え豊富で送料無料です。ボールペンの替芯1本からでも無料で届けてくれます。

 

http://www.yodobashi.com/

 

飲み物やお菓子なら、Askulが運営するlohaco。lohacoは1,900円以上で送料無料になります。時間指定も無料ででき、最短で当日届きます。値段も、lohacoの方が安いことが結構あります。

 

my-favorite.hatenablog.com

 

↑過去記事です。参考までに。

 

 

こういったところに、お客さんを取られてしまうと僕は思うんですけど。Amazonさん。

 

プライムも素晴らしいですが、基本のところからお客さんを囲っていったほうがよいのではないでしょうか。

 

 

まあ、送料無料っていうのも

実際ちょっと無理がある話なんですけどね。