Greedy BLOG

欲しがりな大学生が、気に入ったモノやコトを想うがままに紹介するブログ。

Firefoxでyoutubeの60p動画を見ると、カクカクになる件



 

とことん相性が悪いですねえ、Firefoxは。

 

Macの環境下だけで起こることなのかは、わからないのですが

Firefoxでyoutubeの60p動画を見ると、処理が追いつかず、音ズレ、コマ落ちが頻発します。

 

前に書いた、コレと同じような現象です。

 

my-favorite.hatenablog.com

 そもそも、60pってなんぞやって思う人がいるかもしれないので少し解説。

 

60pや30pは、フレームレートのことで

1秒間に、何コマの画像で映像が構成されているかを表します。

例えば、60pであれば1秒間に60コマで映像が構成されているので、30pの映像よりもよりなめらかに映ります。コマ数が多いほうが、つなぎ目がなめらかになりますよね。

 

スポンサードリンク

 

 

そして、youtubeでは、この60pの動画っていうのもサポートしています。

ので、当然こういう動画をアップロードする人がいます。

ただ、youtube上での表示は、数字のみ。60p→60

かわりに、解像度の方にpがつく。

 

画質切り替えるところで見ればわかりますが、(解像度/フレームレートの順番です)

1080p/60 (FHD)

720p/60 (HD)

が動画によっては存在します。

 

問題なのは、これらの60pの動画が決まってカクカク再生されることです。

1080p/30

720p/30

では、問題はなくサクサク再生できるんですけどね。

 

別に、パソコンのスペックも低いわけじゃないし、メモリ使いすぎているというわけでもないのですが。

 

高画質でみたいけど、カクカクするから画質を落としたいのですが、

1080p/60 (FHD)

720p/60 (HD)

の次は、

480pなので、さすがに画質が荒すぎます。。。これじゃあ、せっかくの動画が。

見るに絶えません。せっかく、FHDまで準備してくれているのに60pだからね。

 

たぶん、FirefoxとHTML5プレイヤーの相性の悪さでしょうね。

 

最初にリンクをはりましたけど、その過去記事と同じような現象です。

 

Firefoxではなく、Chromeで同じ動画を60pでみると、

問題なくサクサク再生できます。。。さすが、Chrome。

 

もう、Firefoxやめようかなあ笑

Chromeの方がいろいろ使いやすいし。最近ちょっとデザイン変わって、スタイリッシュになったしなあ。。。メモリは食うけど。

 

Mac版のFirefoxは、不具合が多くてもうやだ。

 

 

というわけで、この問題の解決方法としては、、、

 

おとなしくChromeでみましょう

 

ということです。

 

Firefoxは一歩遅れているので、がんばってください。