Greedy BLOG

欲しがりな大学生が、気に入ったモノやコトを想うがままに紹介するブログ。

【まさに一大行事】液晶保護ガラスを貼り替えてみた



 

僕がiphoneに変えてから、もうすぐ1年になるわけですが

ここに来て、ずっと使ってきた液晶保護ガラスが割れてしまったので

新しいものに貼り替えました。

 

新しいのももちろん液晶保護ガラス。

もうすっかり気に入ってしまいました。

 

スポンサードリンク

 

 

 たぶんみなさん、液晶保護にはフィルムを使っていると思いますが、

ここは、僕としてはガラスをおすすめしたい。

 

なぜかというと、理由は3つ。

 

まず、

「綺麗」であるということ

 

液晶パネルというのは、一番上の面はガラスなわけで、

ガラスの状態が、本来は綺麗に見えます。

 

ここに、フィルムを貼ってしまうと

本来の綺麗さを発揮できません。特に、防脂加工や、アンチグレア加工されたものは、

確実に綺麗さを失います。ブルーライト軽減加工のやつは論外です。

 

そこで、ガラスのフィルムです。

 

液晶パネルに表示された綺麗さを、ほぼそのまま、見ることができるわけです。

 

せっかく、綺麗な液晶なわけですから

そのままの綺麗さじゃないと、もったいないですね。

 

 

そして、

「脂、汚れがついても拭けばすぐに落ちる」

 

そう、汚れに強いのも液晶保護ガラスの特徴の一つです。

汚れがついたら拭けば良いのです。

 

 

最後に

「落とした時、身代わりになってくれる」ということです。

 

どういうことかというと、

普通、フィルムをつけていない状態のスマホを

地面に叩きつけると、画面が割れてしまいます。

 

ところが、液晶保護ガラスをつけていると

地面に落とした場合、液晶保護ガラスが割れて、本体の方は無事なことが多いです。(もちろん程度によりますよ、運が悪ければ、両方割れます。。。)

 

本来、ガラスはゆっくりとした衝撃には強いですが、

急な衝撃には弱い特徴があります。

 

なかなか傷はつかないけど、落としたら一発で割れる、、、

ということです。

カッターでコツコツやっても、傷は全然つきません。

それほど傷に強いです。

 

 

んで、いままで使っていたやつは、

 

my-favorite.hatenablog.com

 これです。

これ、めちゃくちゃ薄いんですよね。

もうここまでくると、ガラスじゃなくてプラスチックみたいな感じ。

 

 

で、今回買ったのはこれ。

 

 また、NEWLOGICのやつ。。。

 

ぱっと見、さっきのと同じに見えますが、

「厚さ」と「硬度」が違います。

 

いままで使っていたやつは、

厚さが「0.15mm」で、硬度が「7H」のやつ。

 

今回買ったのは、

厚さが「0.2mm」で、硬度が「9H」のやつ。

 

ちなみに、硬度っていうのは

本当に曖昧な単位で、

 

例えば、「7H」だったら

7Hの鉛筆でひっかいても傷がつきませんよーってことなのです笑

 

カッターでも傷がつきません、これくらいなら。

 

image

 

これです。

 

 

まあ、貼り替える前に・・・

 

どんなふうに割れてしまったのかを、、、

写真じゃ伝わりづらいですが。

 

image

 

わかりますかね・・・・

 

何本か線が入ってるのが。

 

実はこれ、別に落としたとかじゃないんですよね。

なんで割れたのかはっきりしないんですが、

たぶん、手帳のケースのボタンがあたったんじゃないかって勝手に思ってます。

 

別に割れていても、ちゃんと表面には飛散防止加工がされているので、

使っていて手を切ることはまずありません。

 

でも、見た目が悪いですよね。

 

 

剥がすのですが、保護ガラスはフィルムに比べて剥がしにくいのが残念な所。

セロハンテープじゃあ、びくともしません。

 

調べてみるとわかると思いますが、端っこからカッターを水平に入れて剥がしてる強者とかいますが、本体が傷つきそうで怖い。

 

まあ、iphone6sって画面の端が丸くなってるので、ガラスのような硬いものを貼ると端がちょっと浮きます。これは仕方がないことなのですが、コレを利用して剥がします。

 

image

 

爪でゆっくりと力入れると、少しずつ空気が入っていって、剥がれると思います。

 

そこからは、ゆっくりと慎重に端から剥がしていきます。

 

これで大丈夫です。

 

 

で、新しいガラスを貼りたいと思います。

 

貼るときは断然、風呂場がおすすめ。別に全裸になる必要はないですが笑

風呂場はホコリが舞っていないので、綺麗にはれます。

 

フィルムとガラスの違いとして、

フィルムは、貼るときに

「位置」「ほこり」「気泡」に気を付けなければならないのに対し、

ガラスは、

「位置」「ほこり」だけに気を付ける必要があります。

 

ガラスの場合は、気泡が入っても最後に押し出せば大丈夫なので、そこの心配はいらないです(フィルムは絶対そうはいかない。押し出せない気泡がでてくる)。

 

ただ、位置には気をつけてください。

 

貼り直しは、できないと考えていた方がいいです。(できるけど、剥がしづらいし、割れる心配もある)

 

あとは、ほこりが入らなければOK

 

だから、風呂場がおすすめ。風呂場でやるときは、位置だけを間違えないように気をつけましょう。

 

一発勝負です。。。

 

まあ、真剣すぎて、途中経過の写真はとることはできませんでした。。

 

 

結果は、成功。よかったよかった。ここで、失敗するとテンションがた落ちですからね。

 

 

集中力が大事なのです。

液晶保護ガラスの貼り替えは、まさに一大行事なのです。。